コロナウイルス問題が、早く終息に向かう事を願います

皆さんこんにちは!GOLDHOME管理人です。

ここ最近、日本中がコロナウイルス問題で持ち切りですね。

日本中、いや世界中がパニックに向かっているようで、個人的にとても恐く感じています。

ニュースを見ても、コロナ関連のニュースをついつい見てしまいます。

小心者の管理人はコロナに振り回されまくって、腹立たしいかぎりです。

もう本当にコロナウイルスに腹が立ち、何か自分にもできる事はないかと、記事を書くことにいたしました。

この記事は正直あまり皆さんの役に立てるとは思えないので、忙しい方はぜひスルーしてください。

今までネットやテレビなどの情報を細かく見てきましたが、超個人的な考えを、ここに載せさせていただきたいと思います。

管理人はウイルスの専門家でも医療関係者でもありませんから、そんな事をしたところで、皆さんのお役に立てるかどうかすらわからないのですが・・。

個人的にやっていること↓

●全国でアルコール消毒が買えない状況が続いているようなので、アルコール購入は諦め、塩素系の漂白剤を薄めて家の消毒にあてています。アルコールやマスクは、本当に必要としている方が早く使える様に願っています。

●マスクは外出から帰ったら手を洗うついでにハンドソープで洗い、使いまわしています。(うちの母はマスクを手作りしておりますが、なかなか暖かくて良さそうです。)

自分が保菌者であってもなくても、ガサガサの使い古しのマスクでも、店の中や公共の場などではやはりできたらマスクはつけておくほうがいいと個人的には考えています。

ウイルスがマスクを通過しようがなんだろうが、マスクを通過する時に、ある程度のウイルスはマスク繊維の壁にぶち当たり、そこで留まると考えられるからです。

自分の感覚的な根拠しかないですが、空気の100%をまるごと吸い込むよりは、ウイルスの数は減ると思います。

万が一自分が無症状の保菌者だった時も、人に移す可能性が減ると思いますので。

でも、マスクをしてない人をどうこうは全く思いません。

あくまでも自分の場合です。

●マスクに抗菌作用のあると言われているティーツリーオイルを手ですりすり擦り付けてます。(コロナに抗ウイルス作用があるかどうかはわかりませんが・・)

●とにかく手洗い!を家族にすすめております。

●できる範囲で、子供にも自分にも散歩をさせております。(←ワンコのよう。)

●ティーツリーのエッセンシャルオイルをアロマディフューザーで家にまき散らし、更に加湿器で保湿します。

●考えてもわからないことなので、なるべく疲れを溜めない様に、できる範囲でたくさん寝ます。

厚生労働省 コロナウイルス関連のページ

なんだかこうやって書いていると、自分の無力と無知を晒している様な気がしますね(哀しい現実。)。

管理人は何も知らないただの一般人ですが、目の前の事をひとつひとつやっていくしかないと考えて地味に暮らしています。

さすがに風水では、コロナウイルスに立ち向かうのは難しいかと思います。

でも唯一、風水好きからの掃除だけは、ささやかながらウイルス退治に役だっているような気はしていますが・・。

コロナ感染については、短い周期で終息するようなウイルスではないと考えていて、長期的な視野が必要だと報道されています。

これは管理人の超個人的な考えなのですが、無症状で感染がすすむこのウイルスについては、一定の往来を止めたところで蔓延を防ぐことは非常に難しいのでは?と考えています。

「ウイルスが世界中に広がり人類に一定の免疫が付いてきて、やっと終息に向かうのでは」と個人的には考えています。

そう考えた時に、世界的に一番恐いのは、コロナ問題でのストレスが人々に与える影響が長引く事なのかもしれません。

コロナウイルスが一番悪いと思うのですが、人間同士の潰し合いみたいになってしまったら、それが一番不幸に導かれる様な気がします。

これも管理人の持論なのですが、風水もコロナ対策も共通する点があります。

それは何かというと、

「長期的に長く対応していく必要があるなら、あまり細かく無理の生じる対策が、かえって不幸を呼ぶ確率が高いのでは?」

という事です。

GOLDHOME では気楽なテキトー派風水をおすすめしておりますが、これは「ギラギラして無理に風水をしていても、幸せになる為の風水の意味がない」と考えたからです。

コロナ対策も同じで、あまりガチガチに対策をし過ぎて疲れが出てしまう事は、免疫力を上げる点でもあまり良くない気がします。

それこそ本末転倒かと思います。

今大事なことは、個々の判断力を磨くことなのだと考えています。

専門家や政治家は、誰も責任はとりません。

正確に言うと、責任は取れません。

水際対策が遅すぎる政治には思うところがありますが、本来なら人類の誰にも「マスクが手に入らない責任」も「ウイルスが広がった責任」もないのです。

ウイルスが悪いのであって、それに対する対策は自分自身がやっていくしかありません。

ただし仕事をストップすることも限界がありますし、やはり「やれること」をできる範囲でやっていくしかない一市民として、色々な方が現場で本当に大変な思いをしている現状を見て心からの感謝と、心痛を感じています。

かくいう自分自身も肝が小さい性分なので、今の時点でとてもストレスを感じてしまうことがあります。

ただ今思うことは、コロナ問題で必要以上に人類が傷つけあわないこと、振り回されて消耗し過ぎないこと、これを機会に危機的状況の対応を学べると良いなと考えております。

きっと、たくさんの方がコロナの影響を受けて、辛い気持ちになることがあると思います。

こんな時分に、あまり役に立ちそうもない記事で申し訳ありません。

自分はとても小さい存在ですが、とにかく皆さんの健康と、コロナ問題が早く終息することを祈っております。

GOLDHOME 管理人より