ジュエリー風水②「ゴールド」「プラチナ」「シルバー」貴金属の風水効果

貴金属の持つ運気 ジュエリー風水②

皆さんこんにちは!GOLDHOME管理人です。

さて今回は、ジュエリー素材の地金が持つ風水効果について、お話ししていきたいと思います。

地金の素材は、ジュエリー風水の中でも一番基本となる運気を司る部分で、家で言えば土地みたいなものです。

どんなにいい建物でも、立地や地型などの土地部分が良くなければ、運気もくすんでしまいます。

それだけ、ジュエリー風水の中では地金の素材は大事という事です。

それでは早速いきましょう!

アクセサリー風水① ジュエリーデザインとモチーフで運気が変わる!ジュエリーデザインの風水効果を解説

ゴールド(純金(24金)・18金等)

まずGOLDHOMEの名前の由来にもなっている、ゴールドからいきましょう。

ゴールドは2022年には、20年前と比べて7倍ほどの価格相場に上昇しています。

純金が他の金融資産と少し違うのは、大きいところでは「純金はインフレで価格が上がることが多く、実物保有の財産である」ということでしょうか。

純金は見たまんまの資産となり、わかりやすく切り売り?もしやすい資産ですね。

風水的にも、ゴールドは色だけでもかなり強いパワーがあるとされていますが、

純金ともなると、その風水パワーはもうすごいです!(←語彙が子供の人。)

少しの金を身に着けているだけでもかなり金運は上がりますから、金運が欲しい方は、もうぜひ純金を買っていただきたいですね。

金は風水的には、「金運アップ」「チャンスを引き寄せる」「人気運や対人運」「タイミングが良くなる」など多岐にわたり、GOLDHOMEでは風水効果が一番すごいカラーとして、ゴールドを崇めています。(←やはり語彙が・・)

色(カラー)で運気アップ~金色(ゴールド)の効果~

このように、カラーだけでもゴールドはすごい風水パワーがあるのですが、それが純金ともなるとどれほどすごいパワーがあるんだ・・・!というくらいすごいんですよ。(←もはや語彙無さ過ぎて怪しい。)

なので風水的には一番のジュエリー地金は、純金(24金)ということになります。

しかし純金のままだと柔らかいのでジュエリーにするには、少し硬くして加工する方が、傷が付きにくく重宝されます。

風水的には、この純金の柔らかさは知恵や柔軟性を示し、対人運や地位向上のパワーがあると言われています。

また純金はネックレスだと肩が凝ってしまうくらい重さがありますが、この重さが風水的には永遠の安定をもたらすと言われ、とてもバランスの良い風水アイテムなんですね。

カラーという側面だけでみると、ゴールドカラーは「少し安定を欠きやすい」という弱点があるのですが、こと純金になると、その弱点であった安定の運気すら手に入れてしまう訳なんですね。

ここに、純金のすごさがありますね。

さて金の純度は、24分率という特殊な基準で表されています。

「K1ごとに4.17%ずつ、純金の含有率が増える」

という金ルールがあるのでちょっとわかりにくいのですが、

ジュエリーなどの刻印には

金が99%以上→24金

金が90%以上→22金

金が75%以上→18金

金が41.7%→10金

という表記が使われています。

もちろん風水的には、純度の高い24金のジュエリーが一番金運に効果があります。

管理人も、お金があれば金ジュエリーを買います!

プレゼントも金ジュエリーを買ってもらいます。(まさに成金!)

ヒッヒッヒッ・・・(↓イメージ画像)

いや失礼しました。

ただし少しお値段がお高めなのもあり、「気軽に金運を上げたい」という方のジュエリー風水には、少し重いかもしれません。

それでもやはり、風水効果で言えば、やはり金をおすすめしたいとGOLDHOMEでは考えています。

ゴールドは基本的に西の運気を持つ地金ですから、「金運」「収穫」「富」「楽しみごと」と、持っている運気までやたらとゴージャスなんですね。

そして西方位の運気だけではなく、「南」「北西」「北」などの運気もなんと持ち合わせているのが、金のすごいところです。

南方位は「チャンスをつかむ運気」、北西方位は「格上げや地位向上の運気」、北方位は「貯蓄や愛情運、信頼の運気」があると風水では言われています。

ですから、本当に語りつくせないくらいの恩恵が、金によってもたらされると、風水では考えられているわけなんですね。

なので、高いからと言って金を避けてジュエリー風水を語れないのです。

・・・おわかりいただけただろうか。

今は本当に金価格が高くなっているので、18金でも良いですし、小さいものから少しずつ買い足していくと良いでしょう。

無理をすると運気はがた落ちするので、くれぐれも無理のない範囲で購入するようにしましょう。

最近管理人が不用品を売ろうと思って業者さんを呼んだところ、金は本当に値段が上がっているのがわかりました。

切れたチェーンなんかでもゴールドとわかると、業者さんの目が輝きます。

使わないなら今みたいに高い時期に売るのも手ですが、やはり買い取り価格は購入価格よりもずっと安いので、ジュエリーとしてまた使うなら、チェーンを直した方がお得でしょう。

金と一言で言っても、現代のジュエリーでは、色々なタイプに加工されていますね。

ではそれぞれの特徴と風水効果を、合わせて見ていきましょう!

イエローゴールドの風水効果

イエローゴールドは、18Kだと

「純金75%:純銀15%:純銅10%」

くらいの比率が多いと思います。

*比率は商品ごとに少し変わります。

金のジュエリーを検索すると、一番数多く出てくるのが、この18金ですね。

温かみのあるイエローの金色の良さを最大限残しつつ、熱や衝撃に強くしたのが

18金なんですね。

なので風水的な効果も24金や22金についで、金運に一番効果があります。

(↑いや、それって2番か3番ですよね・・・。)

仕事でお金をガンガン稼ぎたい!という方には一番向いている金属ですね。

加工しやすい柔らかさを少し残しているので、シンプルな18Kジュエリーは、まあまあ傷が目立ちます。(←使い方!)

でも風水的にも金運バランスが良いですし、「普段から付けてガシガシ使いたい!」というのには、一番おすすめのジュエリーですね。

ピンクゴールドの風水効果

18kで純金75%:純銀10%:純銅15%

くらいの比率が多いです。

赤みを出すために、銅の比率を多くしているのが特徴です。

ゴールドのゴージャス感に丸みを帯びて、少し温かみのある可愛らしさが際立つジュエリーの雰囲気になります。

風水的には、銅は南西の運気が強い素材です。

「恋愛運」「安定運」「家庭運」「女性の運気アップ」に向いていますから、これから結婚をするタイミングや、「少し落ち着いた暮らしをしたい」という方に向いています。

どちらかというと家庭内、自分の内側に気が向く性質を持っていますね。

また銅は、少し北方位の運気もあわせ持つ金属です。

北方位は「貯金」「男女の愛情・信頼」など、落ち着いた静けさを引き寄せる運気を持っています。

どちらにしても、銅自体は「落ち着いた、静かな運気」を持っているわけです。

ですのでピンクゴールドは「これから仕事でバリバリ稼ぐぞお!」という方には向きません。

これからアクティブに外に出ていきたい!という時よりも、内側に静かな力を向けるタイプの運気なんですね。

ピンクゴールドを使うときはぜひ、時期を使い分けてみてくださいね。

ホワイトゴールドの風水効果

ホワイトゴールドは、見た目は少し黄みのかかった銀色をしています。

K14だと「純金58.33%:純銀41.67%:純銅 0%」くらいの割合に

なっていたりしますね。

商品にもよりますが「純金に銀やニッケル、パラジウムを混ぜ合わせた合金」が、ホワイトゴールドと言われています。

純度が少し下がる場合が多く色も薄くなるので、風水的な効果としては、

「日常の安定」「事務的な仕事の効率アップ」

などの運気が、やや強くなります。

どちらかというと「日常の安定に至福を感じた」「普通の平凡な生活が一番大事!」という方に向いています。

ホワイトゴールドは金と他の物質の合性なので、経年変化が見られることがある様です。

次に出てくるプラチナとは、見た目は似ていますが違う金属になりますね。

プラチナの風水効果

さて先述のホワイトゴールドに比べると、プラチナは白金と和名で表されるように、元々が白金色をしている金属自体の名前です。

金や銀が1000度ほどの高温で溶けるのと比べると、プラチナは1700度くらいにならないと溶けないという性質を持っています。

そのため希少性や安定性はあるものの、「金や銀に比べると加工しにくい!」と昔のジュエリー素材としては、あまり好かれてはいなかったようですね。

だんだんと加工技術が進歩してきて、やっとその希少性や美しさ、安定した性質がもてはやされるようになったようです。

プラチナは一時期、金と1000円ほどしか変わらないくらいの値段で買い取りなどがされていたと記憶していますが、今現在では金の価格の半分くらいの取引価格になっています。

プラチナはジュエリー素材としてよりも、自動車などの工業用素材として使われる比率が大きく、60%くらいは自動車産業に使われているそうです。

プラチナは純度の違いにより、Pt850、Pt900、Pt950、Pt999などの種類があります。

これは中にどのくらいプラチナが含まれているかを表し
Pt850の場合は全体の85%がプラチナになり、純度が上がるほど、プラチナは柔らかくなります。

風水的にはプラチナは、東や北東のパワーを持つと考えられています。

金よりも色味がなく、さわやかな「始まり・スタート」の運気を持つ地金です。

金よりも対人運はやや落ちますが、物事を変えていく効果や進展、発展させるパワーを強く持っています。

シルバーよりもやや北東の運気が強い為、「変化」「投資」「不動産」「相続」などの運気もアップする効果があり、金運にも大いに貢献してくれる地金になります。

どちらかというとゴールドは「収穫の時期」を表しますが、プラチナは「始まり・種まきの時期」を表す金属ですね。

このことからプラチナは、何かを始めたい時や新しいことに挑戦する時に、身に着けるのがおすすめです。

シルバーの風水効果

純銀は柔らかく、プラチナやホワイトゴールドと似て非なる、銀色の輝きを持つ金属です。

金に並んで加工性が高いのが魅力となり、昔から貴金属として多くの取引に使われてきました。

昔から「お金持ちの食器は銀食器」というのが有名ですが(←ジャンバルジャン)

これは硫黄化合物で銀が変色するため「毒を混入された時に変色で見抜ける」という説が、ウィキペディアに書いてあり「なるほど!」と感心してしまいました。

ウィキペディア 銀

変色しやすいため、金に比べると安定性にやや欠ける性質を持ちますが、毒を見抜くとは、さすが東方位の「健康運」の気を持つシルバーです!

シルバーは、東方位の運気が強く、やや東南の運気も併せ持つ地金です。

東方位の運気である「スピード」「スポーツ」「成長」「健康」など、どちらかというと若い感じのの元気な運気を持っています。

シルバーアクセサリーは比較的安価で手に入りやすく、男女ともに使いやすい、シンプル・シャープ・ワイルドなジュエリーデザインが多いですね。

人によっては、「ジュエリーではなくアクセサリーに入れるべき!」というかもしれません。

ただしシルバーも立派な貴金属ですから、ここに入れさせていただきました。

また東南方位の運気も併せて持っているため、「対人関係」「恋愛・出会い運」などの優しい運気もあるのがシルバーの魅力です。

安定性にはややかける運気ではありますが、とにかく前に進むパワーを与えてくれます。

若い方向けだと思っている方も多いですが、この東方位の運気を見ると「若返りたい!」と考える方にもぜひ取り入れて頂きたい地金ですね。

アクセサリー風水では地金は運気の土台!しっかりと欲しい運気を探ろう

さて今日はジュエリー風水では運気の土台となる、ジュエリーの地金についてお話をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

宝石ももちろん大事ではありますが、まず最初に大まかなジュエリーの運気の方向を決めるのが地金の運気です。

宝石類は地金の運気に乗っていく運気ですから、例えば幼稚園バスのバスが地金だと考えて頂ければ良いと思います。(幼稚園じゃなくてもですが。)

バスに乗っていって、着いた先の幼稚園で色々運気を持ち寄る園児たちの役目が、宝石になるんですね。(そう考えると可愛い!)

うーんお伝えしていてこれで良いのか?語彙が少なすぎて判断できませんが、どうかお許しください。

この記事が、皆さんのお役に立てたら嬉しいです!

ぜひお気に入りのジュエリーを、手に入れてみてください。

それではまた!