子供の風水~片付けも勉強も「子供が自分から」やりだす!!今スグできる!超簡単な方法~

「福の神様論」が、便利すぎる件

この記事を見ているあなたは、きっと

子供が勉強しない

子供が片付けない

とお悩みでしょう。

ほとんどの親にとっては、ここは永遠のテーマなのかもしれません。

うちも、酷い有り様でした。

「ギャーギャー言えばいう程、子供はやる気を失う」

頭ではわかっていても、なかなかその負の連鎖から抜け出せずに、毎日疲れ果てていました。

ただ、うちではここで紹介する方法をやりだしてから、この2つでは全く悩まなくなりました。

そして「本当に私の子供なのかっ?」と親の私が疑う程、勉強片付け大好きになってしまったのです。

そして、「強制してきた日々は、一体何だったんだ?」

というくらい、子育ての気構えがラクになってしまいました。

まあ他にも色々な悩みは、もちろんありますけどね。

子育てって本当に大変です。

この記事が、皆さんのお役にたったら嬉しい限りです。

スポンサーリンク



↑福の神様、どうかこれを見ていても怒らないでください。

福の神様をバカにしてる訳じゃ、ないんです。

ただこう書くと、純粋に「読んでくれる人が多くなるかな」という考えで書いてるだけなんです。(←すでに純粋じゃねーし。)

福の神様、どうか怒らずに、皆様でうちにお越しください!(←図々し過ぎ)

↑福の神様への懺悔は、ここまでにしときます。

貧乏神の恐怖

「鬼アプリ」の落とし穴とは?

少し前に「鬼が来る」というアプリが流行りました。

子供に「鬼がくるよ」と言って、鬼にビビらせる事でいう事を聞かせる、という類いのアプリです。

「これで助かった」という方、なかなかの数に昇ると思います。

「鬼」に対する恐怖心は「殺されるかも・連れていかれるかも」という、身体的な恐怖です。

なので最初はかなり子供が恐がるのですが、実際に鬼が出てきて身体的苦痛を与える訳ではありません。(←もはや犯罪の領域。)

鬼が本当に出て来るアプリは、ないハズです。(←当り前)

子供もバカじゃありません。

「いつまで経っても出て来ないし、本当は居ないじゃないか~」という、安心感が出てきてバレます

ココの落とし穴は、「アプリの中の鬼・画面で見せる鬼」という点です。

目に見える存在は、バレやすいのです。

これがバレてしまうと、子供の親への信頼はグッと減ってしまいます。

子供を長い間怖がらせるには、(←おい。)もっとぶ厚いストーリーを用意する必要があるのです。

身体的な恐怖を感じさせる「鬼」に対して、「貧乏神」は精神的な恐怖を感じさせる存在です。

「見た事ないけど、貧乏神ってなんかヤバそう」

と、長期的にビビッてくれる事が多いです。

小さい子供でも「貧乏」に対する恐怖だけは結構わかるんですよね。

なので話ができる様になると、貧乏神の方が効きます。

目に見えない、得体のわからない、だけど来たらヤバそうな存在」として、貧乏神の話をしてみてください。


≪貧乏神が来るのはこんな時≫

●意地悪をした時

●ナマケ者になった時(勉強しない等、自分に返ってくるもの)

●遅くまで起きていた時

●物をわざと粗末に扱った時

●汚れている、散らかっている状態が長く続く時

●お風呂に入らない時

●歯磨きしない時

●ありがとう等の挨拶をしない時

貧乏神が来た!!その時・・・・↓

ここで、お母さんの演技力がモノを言います。

貧乏神「ヒッヒッヒッ・・。俺の大好きな子供はど~こ~だ~?」

貧乏神「ここに居たな~、ヘッヘッヘッ~片づけをしない子供、俺は大好きだ~お~い貧乏神のみんな、ここに貧乏神向けの子供がいるぞ~」

子供→片づけ始める

貧乏神「おいっ何してるんだ!?片づけ始めたぞ、やめろ~お前に付こうと仲間を呼んできたのによ~」

子供「もう片づけたもんね~、いなくなれー!」

貧乏神「なんだ~?俺の好きな子供じゃないのか~?うわっ!!福の神がきたぞ~!仕方ない、他に行くか・・・。」

福の神様「お?この子はよく片づけをしているな!?じゃあこの子にくっつく事にするか~!」

お母さん「自分で福の神様呼べたね~!良かったね~!」

リアルな「福の神様と貧乏神」ストーリー

と、こんな具合に、

ポイントは、ストーリーにキチンと「落ち」を付ける事です。

①お父さん(お母さん:おばあちゃん等以下略)が病気になる

②お父さんが、仕事を辞めなきゃいけなくなる

↓すると、

③おやつが無くなる。御飯のおかずが無くなる。遊んでもらえなくなる。お出かけできなくなる。テレビや電気もつかなくなる。もちろん玩具は買ってあげられない。・・・etc。

↓さらに追い打ち

④お母さんが(更に)仕事を増やさねばいけなくなる。下手したら、夜中まで仕事しないといけない。

⑤子供:「お母さんに、朝しか会えなくなる!?」

落としどころ

⑥「お母さんは〇〇といられる時間がなくなったら、寂しい。そんなの、お母さんは嫌だよ~!」

と、子供に向かってダダをこねましょう

↓おまけとして、

⑦寝る時間が遅くなり、体が大きくならない。力が強くならない。心を病み、顔つきが変わってくる。・・・・etc。

「こんなに素敵な君が、そんな風になったらもったいないよ・・。」

「貧乏神が来ると、色んなイヤな事が起き始めるんだよ・・・恐いね。福の神様を呼べたら、楽しい事がたくさん起こるよ。それでも片づけたくなければ、仕方がないね・・・。お母さんは仕事を増やして○○といられなくなるのは嫌だけどさ。貧乏神が来ちゃったら、そういう事になるかもね。」

「汚いまま寝ると、うちに貧乏神をたくさん呼ぶ事になるけど、○○はそれでも大丈夫?」

「お母さんが代わりに片付けてあげたいけど、そうすると、○○が自分で何も出来ない人になるんだ。そういう人が、貧乏は大好きなんだよね~」

「お母さんは○○に、福の神様を呼べる人になって欲しいんだ。そうしたらきっと○○は、楽しい人生が送れるからねえ。」

という様に、締めくくります。

あくまでも、片付けについての責任を、子供に自覚させるのが目的です。

リアルで精神的な恐怖は、子供に説得力を発揮し続けます。

そして「ちゃんとやれば楽しい生活が送れるんだ!」という未来に向けての希望も同時に生まれますから、子供が前向きになってくるんですね。

スポンサーリンク



子供のメリットが必要

福の神様と貧乏神論は「やらない事で自分が未来に損をするかも」と子供に考えさせるためですから、親の信念が必要です。

ですからこの貧乏神手法を使うのは、あくまでも「最終的には子供が損する」というものに限ってください。

親の自分勝手な都合だけでは、「このストーリーの信頼性が落ち」「子供に全く信用されなくなり」、この先の話合いが成り立たなくなるからです。

もし「こんなの精神的虐待だ!」と思われる様なら、やめておいてください。

これはある日のうちのストーリーなので、各家庭のストーリーに沿った躾をされるのが一番ですから。

ただ、この様に「うちに貧乏神が来たら、こんな変化があるかもね」というストーリーを投げかけて、子供に「自分の行動が、どんなメリット・デメリットを生むか」考えさせる事、結構大事だと思います。

「未来を予測し、自分の為に、子供が自分で選択し、行動する。」

これは個人的な理想なのですが、この考えに同調して頂ける親御さんにはおすすめの方法です。

もちろん、人生全て「メリット・デメリット」で割り切れませんし、「子供にメリットなんて考えさせるのは、何だか寂しい」とおっしゃる方もいると思います。

ただ子供だって、自分にどんなメリットがあるか知っておく事で、納得して動けるんです。

また、それが「自分を大事にする」という事にも、繋がってきます。

それが本来の、生物の常ではないですかね?

ライオンだってお腹いっぱいの時は、どんなに近くに獲物がいても狩りをしません。

今獲物を捕まえても、食べられない=メリットがない

からです。

「ただ言われたからやる」では、長続きしません。

もし「言われたらできる子供」だった場合、長続きするかもしれませんが、最終的には「誰の為に生きてるか分からない状態」になってしまいます。

あくまでも片づけや歯磨きをするのは「子供自身の為」です。

ここを念頭に据えて、話してみてくださいね。


≪福の神様が来るのはこんな時≫

福の神様も貧乏神も、寂しがり屋です。最初は、一人とか数人で様子を見に来ます。

それで行動が自分好みだと、元来寂しがり屋な為、ドンドン仲間を呼ぶんです。

福の神様が去るとソッコーで貧乏神に目を付けられ、貧乏神が居なくなると、今度は福の神様が寄ってきます。

福の神様がたくさん来てくれるのは、例えばこんな時↓

●挨拶がキチンとできた時

●早寝早起きができた時

●人に親切にできた時

●ニコニコ顔の時

●綺麗に片づけができた時

●好き嫌いなく食べられた時

●お風呂に入って、ピカピカ顔で寝た時

●歯磨きで、ピカピカの歯で寝る時

●一生懸命、働いた(?)時

●楽しくて、いっぱい笑った時

子供が頑張ったら、「偉いね」よりも「頑張ったね。今、福の神様がたくさん寄って来てるよ」と言いましょう。

褒める時のポイントは、

「自分で福の神様を呼べた事」

「貧乏神の誘惑に負けずに、頑張った事」

「お母さんだけでなく、福の神様も子供の頑張りを見ていた事」

を、伝えるという事です。

福の神様「この子は綺麗に歯が磨けたな~?よし、今日はこの子と一緒に寝るとしよう!みんな~おいで~歯が綺麗な子が居たぞ~!!」

という演技ができたら、子供も盛り上がるのでおすすめです。

そして「福の神様を自分で呼べた!(目には見えないけど)一緒に寝てくれるんだ!」

という、幸福感に包まれて寝る事ができます。

福の神様論は何才まで通用するのか?

小学校高学年くらいでは生意気になってきて、親から見ると、「福の神様論はもはや、うちの子には通用しないのでは?」と思われるかもしれません。

ただメリット等のちゃんとした理由づけができれば、子供は何歳になっても理解できるはずです。

また、大人になった様に見えても、案外子供の方は、その様な事がまだ嬉しかったりするものです。

まあここは個人差がありますから、「現時点での我が子に、どのくらいの話が通用するか」を親御さんが観察してください。

精神年齢に応じた話をしないと、理由が正当なものでも、全く心に響きません

(この辺の判断は、自己責任でお願いします。)

ある程度理屈っぽい年齢なら、「科学的根拠なもの」が必要になってきます。

小学6年生に向かって、急に「福の神様が~」とか話しても、鼻で笑われるのがオチでしょう。

年齢が進むにつれて、「こうすると、こうなる可能性が高まる」というメリットと根拠がないと、なかなか子供も動かなくなってきます。

自分で決め、行動する。

福の神様論はなぜ効くのか?

「福の神様論」は、「早めの段階である程度、良い習慣をつけておこうよ」という風水的な子育て方法論なんです。

パッと見は風水的な話ですが、心理的なアプローチが入っています。

自分がやる気になると、子供の成長は目覚ましいものがありますよね。

「こんな未来にしたいな」「こんな未来は嫌だな」と、子供が未来を予測して自分の行動を決められる様になると、親が必要以上にギャーギャー言わなくても、自らやる様になってくるんですね。

自分の子供は、この手法を取り入れてから、片付け、勉強、歯磨き等を自らやる様になりました。

特に勉強片付けは、メチャクチャ効果がありました

勉強については、今では私が辞書を取り上げなければいけない程の勉強好きです。

勉強すると自分で決め、自分の為の行動と理解したから、好きになったのです。

「片付け」「歯磨き」「勉強」「働く」事など、「基本的な日常の習慣」を、「子供自身の為に、キチンと身に付けさせたい」というのは、どんな親にも共通する願いだと思います。

このストーリーの中には、「貧乏神→自分へのデメリット」を、「福の神様→自分へのメリット」に転換するという、心理的な技法も入っています。

親が教えなくても、子供は自分で自分なりに生き方を模索し続けています。

親は、「福の神様を呼び込む方法」だけ教えてあげれば良いのです。

子供が自分で福の神様を呼び込めたら、一緒に喜んで応援してあげれば、それでOKです。

「福の神様を呼ぶ」=「自分の楽しい未来を呼ぶ」を子供が納得すると、メキメキ変わっていきますよ。

今からでも遅くはありません。是非、お子さまに合ったストーリーを考えてみてくださいね。

↓あなたにオススメのページ

子供の風水~子供は福の神様!?~

福の神様はこんな人が好き!!《その1》

金運アップに効く!!グングン金運が上がる方法/~○○するだけ!!今すぐできる金運アップ方法~


スポンサーリンク





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

「子供の風水~片付けも勉強も「子供が自分から」やりだす!!今スグできる!超簡単な方法~」への13件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。